コンテンツへスキップ

ニキビがあって素顔に自信が持てずにすっぴんになるのをためらう人もいます。普段は化粧などで上手に隠していますが、ニキビがある事は本人が一番知っているのですから、いざ素の肌を見せる事になるとためらいがあるのです。そこですっぴんを見られても大丈夫なようにニキビ対策をしましょう。

・大根おろしの汁が有効になる

ニキビは青春のシンボルとよく言われます。ですから普通は大人になるにつれて消滅していくものです。しかし、ただ単に放置しておくのは良くありません。次第に化膿したり薄黒い痕が残るようになるからです。

 
そしてあまり知られていませんが、ニキビには大根おろしが効果的です。ニキビは汗腺や脂肪分を分泌している腺の出口に脂肪が詰まる事でできたものです。大根おろしの効果はこの脂肪の塊を分解する事です。

 
大根おろしの汁をコットンに含ませてから、患部を軽く叩くようにしてみましょう。

・砂糖が入っている卵白でニキビ対策

ニキビができてしまった時に化粧品を購入するのももちろんいいですが、家庭にあるものでも対策できます。卵の白身を溶き砂糖を少し混ぜます。そしたらこれをニキビに塗ってみましょう。
この事で炎症や化膿がおさまり、吹き出物の治りが早まります。

・ラベンダーオイルを使う

ラベンダーには炎症を抑える作用が期待できます。ニキビや吹き出物に塗るようにするといいでしょう。1日当たり3回から5回程患部にラベンダーのエッセンシャルオイルを綿棒などを用いて直接塗るようにします。

・ニキビになりやすい生理前に注意する

女性には生理があります。その生理周期に合わせてホルモンの分泌量も変わります。生理前の2週間ぐらいは黄体期と言います。男性ホルモンの作用を受けやすい時期になっています。

 
男性ホルモンは皮脂の分泌を促進します。皮脂の分泌が増えるとニキビは発生しやすくなります。この時期には肌をいつも以上に綺麗な状態にして、生活習慣も整えましょう。

・顔にニキビができやすい人は背中にもできやすい

ニキビは顔にもできますが、実は背中にもできます。そして顔にニキビができやすい人は脂性肌の人が多く、そのような人は背中にもニキビが出現しやすい傾向にあります。ですから背中も顔同様にスキンケアをしっかりとするようにします。

 
特にニキビができやすいのは背中のくぼみなどです。ボディブラシを縦に持って上下に動かして余分な脂分を落とすようにしましょう。ニキビは肌トラブルの一つですが、多くの人が経験する事です。
しっかりと対策をして美肌をキープしましょう。